和室の畳替えをプロに頼もう【自分好みの部屋をゲット】

ニュース一覧

状態に応じて方法が異なる

和室

方法がいくつかある

畳は年数が経過すると色褪せたり劣化したりしていきます。そのため、畳替えをするのですが、方法が新畳と畳表替と裏返しの三種類あります。畳の状態を見てどの方法で畳替えを行うのかを決めることになります。まずは、10年以上経過した畳は新畳となり、寸法を改めて測り新しく作ることになります。そして、素材を選ぶときには国産と中国産のどちらかを選ぶことができます。違いとしては、国産のほうがきめが細かく品質が高いです。その分金額も高くなり、大きさによって異なるもの一畳で1万円以上となります。特に、熊本産は高級なため1万5千円を超える最上級の畳もあります。そして、中国産は国産に比べるときめが細かくはないものの十分に使えるレベルです。金額としては7000円から1万円ほどで作ることができます。それに加えて、畳ヘリにもいろいろな種類があり、部屋全体の雰囲気を考慮して決めることが必要です。色合いなどが変わってしまうため、部屋全体を新畳に畳替えをする人が多いです。そして、新畳にしてから5年ほど経過していて表面だけが悪くなっているときには畳表替をします。ゴザの部分だけを変える作業になります。中身はそのままなので、比較的安く抑えることができます。新畳のように素材も選び指定することができます。とはいっても、畳床が悪くなっている場合には全てを新しくしたほうが良いです。そして、畳を長持ちさせるための畳替えで裏返しという方法があります。これは、2年から3年を目途に裏返すという方法です。手軽に行えるため長持ちさせるためにも行うことが大切です。

Copyright© 2018 和室の畳替えをプロに頼もう【自分好みの部屋をゲット】 All Rights Reserved.